陥没乳頭の手術、保険適用について

誰にも相談できない陥没乳頭の悩み・・・手術する前にまず、自分でケアしてみませんか?



   陥没乳首でお悩みのかたに・・・プチフィット>>

陥没乳頭の手術〜保険適用の場合とそうでない場合

陥没乳頭は乳管の未発達が原因で起こる若い女性に多い疾患で、

乳首を指で引っ張るとすぐに出るものを「仮性」、引っ張っても外に出ないものを「真性」と呼びます。


陥没乳頭を放置しておくと授乳に支障をきたしたり乳輪下膿瘍という感染症を

起こす可能性もあり、大学病院や日本美容医療協会会員などでは陥没乳頭を病気と判断し、

陥没乳頭の手術は保険適用となっています。


但し、形まで整えるような美容目的の治療や保険診療を扱わないクリニックでは

陥没乳頭の手術保険適用とならず、全て自己負担となり、

費用は両側で30万円前後かかるところが多いようです。


保険適用された場合の陥没乳頭の手術費用は麻酔や薬剤も全て含めて、両側で約5万円です。

しかし、重症の陥没乳頭の手術であれば費用はもう少しかかり、8万円ほどになることもあります。

陥没乳頭の手術

陥没乳頭によって妊娠しても乳頭が突出してこない場合、出産後の授乳が不可能で、

母乳が溜まり乳房が腫れ、疼痛に苦しむこともあります。

また、陥没した部分に垢がたまり炎症を起こし、乳輪下膿瘍になる可能性もあります


このような事にならないためにも陥没乳頭の手術をして通常の形に戻しておくことが必要です。


陥没乳頭は授乳障害や炎症などを起こす疾患であるため、保険適用の治療が可能です。


陥没乳頭の手術では授乳機能を残しながら乳頭を突出させるように

乳頭の付け根から乳輪にかけて2〜3箇所カットしそこから乳管を引き上げて固定させていきます。

陥没乳頭の手術は静脈麻酔と局所麻酔を組み合わせて行い、時間は1時間ほどで入院は不要です。

陥没乳頭の手術のメリット・デメリット

陥没乳頭を放っておくと出産後の授乳への支障や乳輪下膿瘍という感染症の危険性など

リスクは大変大きいものです。

陥没乳頭の手術保険適用が可能な病院も多いため、できるだけ手術で改善していきましょう。


しかし、陥没が重度の場合、乳管を切らなければ乳頭を引き出せないというケースや

、熟練していない医師による手術で乳管が切断される、突出させた乳頭が手術後に

元に戻ってしまう、縫合が雑で傷跡が目立つなどのリスクを負うこともあります。


ただ、陥没が重度の場合を除き、陥没乳頭は手術さえうまくいけば

授乳も可能になり、傷跡も目立たず、感染症も防げるというたくさんのメリットがあります。


陥没乳頭でも軽度の場合は手術の必要もなく、簡単に改善できるようなので

陥没乳頭で悩んでいる人はまず病院に相談してみましょう。